青森県弘前市/内科・小児科のことは 伊東内科・小児科クリニック

院内設備

オリンパスの最新消化器内視鏡システム EVIS LUCERAを採用し、質の高い内視鏡診療を行っています。また経鼻内視鏡を備え患者様の検査による苦痛の軽減に努めております。

日立アロカメディカルの最新超音波診断装置を用い、腹部・甲状腺・心臓・頸動脈(動脈硬化)の検査を行います。

デジタルX線TVシステム

消化管造影検査として胃や大腸のバリウムによる造影検査を行います。
デジタルなので放射線の照射もより少なく済みます。

デジタルX線画像読取装置

単純X線撮影や消化管造影検査はこの装置により読込まれます。
デジタルなので完全なフィルム・レスを実現しています。

消化器検査機器

消化管内視鏡

EVIS LUCERA ビデオシステムセンター OLYMPUS CV-260SL

ハイビジョン対応の多彩な機能に加え、3つの特殊光観察を実現する高性能プロセッサー。

EVIS LUCERA 高輝度光源装置 OLYMPUS CLV-260SL

通常光観察から、3つの特殊光観察まで。
幅広い診断をトータルにサポートする光源装置。

上部消化管ビデオスコープ OLYMPUS GIF TYPE H260

ハイビジョン対応CCD採用。
飛躍的な高画質を実現したハイグレードスコープ。
新開発のハイビジョン対応CCDを搭載し、高画質/大画面を実現した、上部消化管汎用のハイグレードモデル。スコープID機能を搭載し、オートホワイトバランスやスコープデータのモニター表示が可能です。

経鼻内視鏡 OLYMPUS GIF TYPE XP260NS

光量UPと2ライトガイドを実現しながら、細さと軟らかさも両立。
鼻からもやさしい進化系・極細スコープ。

より経鼻スクリーニングに適した観察性能と患者様へのやさしさを実現しました。

下部消化管ビデオスコープ OLYMPUS PCF TYPE Q260AZI

硬度可変機能と副送水機能搭載、NBIと拡大観察の併用を可能にした細径大腸内視鏡。
NBI併用拡大観察がもっと身近に。スムーズな挿入のために、硬度可変機能も搭載。

PCF-Q260AZIは、拡大倍率125倍(高解像度LCDモニターOEV261H使用時)の光学ズーム機能を装備。CV-260SLのNBI(狭帯域光観察)機能と拡大観察機能を組み合わせることで、より精度の高い診断をサポートします。
*拡大観察コントローラーMAJ-570を使わずに、拡大機能をご利用いただけます。

超音波診断装置

超音波診断装置 Prosound SSD-α7

プロサウンドα7は、ハイエンドモデルで培った技術を継承した、パワフルでありながらコンパクトで、人と環境にやさしい装置です。高画質でありながら可搬性に優れ、院内各所で質の高い検査が行えると好評です。